便秘の定義

便秘とは、便が出ないこと便が腸の中にたまっていることです。
排便の習慣は人によって違います。
毎日排便する人もあれば、3日おきに排便する人もあります。
毎日排便する人でも、不快感があり残便感があれば便秘といいます。
たとえ毎日排便しなくても、不快感を感じずに排便後すっきりするのであれば便秘とはいいません。
便秘による不快感の代表的なものは、おなかが張る感じです。
そのほかにも、吹き出物が多かったり肩こりや頭痛などがあります。

しかし、美容的に考えれば排泄物を2,3日でも腸の中に溜め込んでいる状態をいいとは言えません。
できることなら、毎日すっきり排便したいものです。
便秘には、器質性便秘と機能性便秘があります。
器質性便秘と機能性便秘があり、器質性便秘とは大腸がんや腸ねん転などの病気から起きる便秘で改善努力というよりも病気の治療が必要な便秘です。
機能性便秘には、一過性便秘と習慣性便秘があります。
一過性とは文字通り一日排便がない程度のものですぐに回復するもので、誰にでも起きるものです。

問題なのは習慣性の便秘です。
いつも、便通がないことで不快な症状があり、何日か不定期にしか排便がない状態です。
時には下剤や浣腸などで強制的に排便しなければならない人もいます。
加齢や出産などで腸の蠕動運動が鈍くなったりして起こるのが弛緩性便秘です。
また、ストレスなどで腸が過敏になりすぎて下痢と便秘を繰り返すのが痙攣性の便秘です。
便意をもよおしても、仕事や家事を優先して我慢するうちに便意そのものを感じなくなってしまうのが直腸性便秘です。
習慣性便秘を改善するためには、まず自分の便秘の原因を探りだすことから始めます。

Copyright © 2014 便秘の原因を探る! All Rights Reserved.